設備保全エンジニアとは

設備保全の仕事について

設備保全エンジニアとは、工場や施設にある機械が故障しないように点検や部品の交換を行い、なにか不具合が発生した時に異常な箇所を見つけ復元する。また故障が発生しない様に設備の機能改善を行う業務となります。

設備保全の必要性

設備保全はなぜ必要不可欠なのか?

設備保全は、工場の生産に大きく関係しています。設備が1台でも止まれば、生産性が大幅に低下します。
それを防ぐ為には、機械設備の保全が必要不可欠です。
機械設備の劣化防止や稼働率向上・性能向上など工場運営において重要な役割を設備保全エンジニアが担っているのです。

高度化する設備が増える中、
設備保全エンジニアが
ますます必要とされています

設備保全エンジニアになる3つのメリット

メリット1

スキル
知識
UP!

設備保全で必要となる知識&スキルを習得することで、あらゆる分野で活躍できます。

習得できる主な知識&スキル

一般知識
  • 社会人の心構え、動作
  • 安全衛生の知識
  • 一般工具の名称、使い方
機械要素
  • 製図の基礎知識、図面の見方
  • 工具の知識
  • 軸受の知識、軸継手と芯出しの知識
  • 潤滑、チェーン、歯車の知識
  • 油、空圧の知識
電気要素
  • 電気使用ルールの知識
  • 測定器、電子部品の知識
  • モーターの知識
  • 論理回路、配線接続処理の知識
  • リレー回路、PLC制御の知識

メリット2

収入
キャリア
UP!

幅広い知識&スキルが身につくことで、リーダー、さらには管理者と目に見えるキャリアアップも可能です。

メリット3

やりがいUP!

設備保全の仕事は、今後製造現場の自動化が進むにつれ重要となるお仕事です。あなたの仕事が日本のモノづくりを支えます。

仕事の種類

工場の設備保全は、「修理(事後保全)」「点検(予防保全)」の2種類があります。この2種類が設備保全の主な作業となります。ほとんどの工場では、修理(事後保全)と点検(予防保全)を組み合わせています。

修理(事後保全)

故障した・調子が悪くなった機械の調査をおこない、原因を突き止めて修理するのが事後保全です。どうして故障が起きたのか、原因を突き止めることが大切なポイントです。

点検(予防保全)

計画的に点検・部品交換などをおこないます。事後保全は故障後の修理が目的になりますが、点検(予防保全)は故障の予防が目的です。